長年続けてきて思う、現状と不安

もう在宅ワークを続けて何年にもなりますが、未だに「アルバイトでもした方が稼げるのではないか」という考えに悩まされることがあります。月に数十万も稼ぐような在宅ワーカーの方も中にはおられるのでしょうが、私のようなスキルだと月に数万円を稼ぐのがやっとというところです。もちろんその収入だけでは生活していくことは到底難しいので、家族には迷惑をかけてしまっています。

ですが、アルバイトすらも出来ないために在宅ワークを続けるしかないというのが現状です。きっと似たような考えで在宅ワーカーを続けておられる方も少ないないのでしょう。私の場合は健康に不安があり、満足にアルバイトを続ける自信がないための決断ですが人と話すのが苦手というような方がこの仕事を選択するのも分かるような気がします。買い物や用事でもなければ一日中家に篭ってパソコンと向かい続ける生活のため、必然的に誰かと話すのが少なくなるのですね。

私も友人から時々電話をもらう以外では、家族以外と話をするような機会は少ないです。外で働いていたときの人間関係のことを思えば気楽だとは思いますが、時々誰かと会話したくて仕方がなくなるようなこともあります。しかし平日の昼間は私以外家におりませんし、友人は普通に仕事をしている時間です。SNSなどで気晴らしをしますがやはり実際に誰かに会って会話することとは違いますし。

また、いつまでも現状のような生活を続けていられないことに対する不安もあります。やはり収入が少なく、家族の援助なしでは暮らしていけないためいずれ独立することとなれば何か打開策を考える必要があります。幸か不幸か、自由な時間は人一倍あるので悩む時間だけはたっぷりありますが今のところよい解決策は見当たっていません。今の私に出来ることは、現状からすら落ちることのないよう出来る限り仕事を請け負わさせてもらうことですね。