初めて在宅ワークをやってわかったこと

在宅ワークに関してはまだまだ初心者なのですが、少ない経験を通して感じたことを書いてみたいと思います。私は現在時間には余裕があるもののお金には余裕がない、といった状況で、なんとかして家にいながらお金を稼げないかなと思って色々と調べた結果、在宅ワークというものがあることを知りました。

私は家でやる仕事というと、ボールペンの組み立てですとか、造花を作ったりするようなそんなイメージしかなかったので、それ以外にどんな仕事があるんだろうと興味津々でした。まず気になったのはテープ起こしという仕事です。これは音声を聞いてその内容をキーボードで入力して文章データにする仕事で、全体的に報酬が高かったので気になりました。

しかし詳しいことを調べてみると慣れないうちは1時間のテープを起こすのに7~8時間もかかるということで、これはちょっと大変すぎるなと思い挑戦を断念しました。次に目をつけたのが文章作成の仕事です。文章の作成というと大変そうなイメージがありましたが、実際は原稿用紙1~2枚か、それ以下の文字数でいいという仕事がたくさんありました。

元々文章を書くことは嫌いではないですし、学生時代はレポートや卒論など散々文章を書かされましたので、試しにいくつかのお仕事をやらせてもらいましたが、どれもびっくりするほど簡単に仕事を終えることができました。報酬の額は結構バラつきがありますが、それでも一件100円以上の仕事もたくさんあります。家にいながらパソコンで原稿用紙1~2枚分の文章を書いて100円かあるいはそれ以上の金額をもらえるなら私としては十分かな、と思います。

今後はもっと高額の報酬がもらえる仕事もできるように在宅ワーカーとしての技術を磨いて、いつかは在宅ワークだけで生活できたらいいな、と思っています。