初めての在宅ワークを申し込んで数十万円のお金を請求された話

在宅ワークを始めてからもう何年にもなります。私が初めて在宅ワークというものに出会ったのは、SOHOを前面に押し出したサイトでした。クラウドワークスなどと違って、電話での申し込みが必要ということだったのでさっそく電話を掛けてみたのですが、SOHOで働くためにはまず数十万円もする教材が必要だと言われてしまい驚きました。今考えれば詐欺に他ならないのですが、当時は在宅ワークというものを詳しく知らなかったのでそういうものとしか思わなかったのですね。

それから在宅ワークの本当の形を知るまでには長い時間が掛かってしまいました。在宅ワークというものがどういう形であるのかを知ったのは、げん玉というポイントサイト内にあるクラウドという簡素な在宅ワークを経験してからのことです。前述の企業に言われたような難しい知識は必要なく、自らのスキルだけでもどうにか仕事をすることが可能だということが分かりました。

そらからシュフティなどのサイトに登録し、直接クライアント様から仕事を請け負わせていただきましたがクラウドワークスに移ってからは今のところタスク形式の仕事しか行っていません。もちろん固定報酬制の方が実入りがいいことはよくわかっているのですが、他のサイトと比べてライバルが多く自分の能力に自信が持てないのですね。私などの下手な文章ではクライアント様に満足していただけないのではないか、と不安でなりません。

それでも今のところ、月に数万円は稼げているのでどうにか最低限度の収入だけは得られています。実際シュフティで仕事をさせていただいたときと大差ない収入を得ているのげしばらくは現状のままでも良いかとも思っているのです。もちろん現状のままで満足しているわけではありませんが、今まで焦って失敗した経験は両手の指でも足りないくらいですので。